こんにちわ!

漫画大好きブロガーのみくです!

 

このページでは

 

【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】

 

1話ネタバレをお伝えします!

 

 

 

ボロアパートに住む主人公が

 

上の階にに住む可愛い女の子と

 

事故でアレが上の階の女の子のアソコにズプッと挿入!?

 

 

 

【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】を読むなら

 

ブックライブコミックがおすすめです!

 

 

 

会員登録なしで

 

簡単に無料試し読みできるので

 

ぜひ使ってみてください!

 

 

ブックライブコミックはとっても使いやすいので!

 

ブックライブコミックはこちら>>

【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】1話ネタバレ

 

 

毎日仕事で疲れて帰ってきた壮介の癒しは

 

美人な大家さん・由紀さんとの挨拶で

 

ほっこり癒されたのも束の間ー

 

 

疲れてご機嫌斜めな壮介ですが

 

大家の由紀と話した後はもっと表情が柔らかくなります(*´꒳`*)

 

 

 

ですが実は上の階の住人の足音がすごくて

 

夜勤明けで眠れなかった壮介は一言言いにいくことにー

 

 

上の階の住人はー

 

 

注意しに行った上の階の住人は

 

なんと可愛い女の子だったのです!

 

 

「うるさかったですか?」と出てきた

 

上の階の住人の丹生さんは

 

エッチな足とノーブラのTシャツでもう壮介は何とか目を逸らそうと必死…!笑

 

 

 

騒音の理由が女優になるための練習と聞いて

 

すんなり自分の部屋に戻った壮介!

 

 

 

丹生さんのことを考えると

 

ムクムク勃ったアレを抜くことに!

 

 

 

その時ー!

 

女優の芝居の練習をしてた丹生さんの畳がめり込んで

 

床が抜けてしまうのです!!

 

 

 

下の階の壮介の目には

 

天井にささる丹生さんのアソコがギリギリ見えそうに!

 

 

 

【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】

 

1話ネタバレでした!

 

 

この漫画はブックライブコミックで読むことができます!

 

ブックライブコミックはこちら>>

 

 

 

丹生さんの女優の夢を聞いて

 

騒音があっても”頑張ってるんだな”と思える壮介ってステキ!!

 

 

自分が寝れないのにそう思えるって

 

私的にとってもステキだと思うんです(๑>◡<๑)

 

 

 

さてさて完全にハマった丹生さん!

 

見えそうなアソコと壮介の勃ったアレが

 

同じ位置にー!?

 

 

 

【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】を読むなら

 

ブックライブコミックがおすすめです!

 

 

会員登録なしで

 

簡単に無料試し読みできるので

 

ぜひ使ってみてください!

 

 

ブックライブコミックはとっても使いやすいので!

 

ブックライブコミックはこちら>>